2017年10月23日

11月は無休で営業いたします。

11月は紅葉シーズンにつき、定休日にかかわらず、全日営業いたします。
例年、11月の初旬から徐々に色づきはじめ、見ごろは11月下旬頃です。
今年もどうかきれいに色づきますように!皆さまのお越しを心よりお待ちしております♪

2017年09月16日

スタッフ募集しています!

当店では現在、一緒に働いてくれるパート・アルバイトを募集しています。

フリーターや主婦の方、また、土日祝のどれか入れる方、大歓迎です!
まずはお電話にてお問い合わせください。

【募集要項】
◆募集職種ホール・キッチンスタッフ 
◆雇用形態パート/アルバイト
◆仕事内容ホール・調理補助・洗い物・後片付け
◆給与時給860円〜960円
能力に応じて随時昇給します!
◆勤務時間シフト制、週1日からOK。
@13:00〜17:00 A11:00〜17:00
B13:00〜19:00 
※その他の時間も応相談
◆その他交通費支給(規定有)、昇給随時、社員割引有、
自転車・バイク通勤OK。
◆応募方法まずはお電話ください。
電話1(プッシュホン) (075)881-1651 (店長まで)
※火曜・水曜は定休日です


【店舗について】
◆店舗名嵐山のむら
◆業種甘味処・ねぎ焼き
◆営業時間11:00〜18:00(L.O)
◆定休日火曜・水曜 (祝日は営業、11月は無休)
◆勤務地
京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-20
(渡月橋を北に一筋目を東へ30m)
◆ホームページhttp://www.arashiyama-nomura.com
◆facebookhttps://www.facebook.com/arashiyama.nomura/
◆instagramhttps://www.instagram.com/arashiyama_nomura/




【こんな職場です】 
渡月橋から徒歩1分、メイン通りから一本入った静かな路地にある小さな甘味処。和モダンな雰囲気の中で、あんみつなどの甘味だけでなく、ねぎ焼きもあるのが特徴の店。家族経営のあたたかい職場です。オープンキッチンの小さな店だからこそ、役割が完全に分断されているのではなく、その時々の状況に応じて、ホールや調理場を行き来していただく、やりがいのあるお仕事です。女性スタッフ活躍中♪

日本各地、世界各国からいらっしゃるお客様の旅先での思い出作りをお手伝いできることもやりがいの一つ。特に紅葉の季節は、一年で最も多くのお客様が来られます。(繁忙期は、紅葉/桜の季節、GW・お盆などの連休です)

繁忙期だけのお手伝い、年間通じてお手伝いしていただける方、どちらも募集しています。土日祝日入っていただける方は特に歓迎です♪
シフト制なので、ご自分の予定に合わせて働く日時を決められます。シフトの勤務時間帯は、募集要項以外の時間についても応相談ですので、少しでも興味を持っていただけた方は、まずはご相談ください!

子育てに少し余裕が出てきて自分の時間を有効に使いたい近隣の主婦の方や、フリーターの方、掛け持ちバイトもOKです!未経験の方も丁寧に教えますので、安心してご応募ください。

スタッフ.jpg 内観.jpg お庭.jpg 看板.jpg 外観.jpg うす茶ぜんざい.jpg 嵯峨のねぎ焼き.jpg 7種の果実のフローズンソーダ.jpg 紅葉の渡月橋.jpg    



posted by nomura at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のお知らせ

2017年08月16日

涙の味のお菓子

今日は五山の送り火でしたね。今年は雨にも降られず、嵐山でも無事に灯籠流しが行われましたわーい(嬉しい顔)
これを境に、京都の夏は終わりに向かいます手(パー)


さて、先日突然届いた悲報。


「米満軒、廃業。」


きゃーーーーーー!!!がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)


米満軒と言えば、嵯峨釈迦堂前で、明治から100年以上に渡って地元の人々に愛されてきた和菓子屋さん。そして、当店でおうすと一緒にお出しする生菓子を作ってもらっていたお店です。
(当店は基本的に自家製ですが、煉り切りの和菓子は甘味屋とは少し分野が違うので、和菓子職人さんに作ってもらっているのです。)

米満軒.jpg


長年、美味しいお菓子を納めてくれていた米満軒のおじさんが、ある日、いつもの仕事着ではない恰好で立ち寄られ、にっこり笑みを浮かべながら紙を取り出し、「じゃーん、ここには何が書かれているでしょう?」と。「あら〜、パーティーのご招待ですか〜?」なんて言いながらペラリと裏をめくるとそこには、、、

廃業のお知らせ.jpg

「体力の限界や。」そう言う三代目のおじさんは確か御年76歳(間違ってたらごめんなさいあせあせ(飛び散る汗))。

実はそこの娘さんは私の幼馴染で、小学生の頃、よくおうちに遊びに行っては、おやつに出してもらう花見団子が楽しみだったりるんるん、家族でお祝い事がある時にはお赤飯を買ったり、天龍寺の節分会に合わせた七福餅をいただくのが毎年恒例だったり、、当店が開業する前から、個人的にも思い入れの深いお店だったのです。特に大島山桜の葉にこだわった桜餅は絶品でしたぴかぴか(新しい)。あれがもう食べられないのか。。もうやだ〜(悲しい顔)


跡を継ぐ人がいないし、そろそろ、、ということはなんとなく聞いていたけれど、こんなにも突然その日がやってこようとは。
なにより、これからうちの店のおうすのお菓子どうしよう。。がく〜(落胆した顔)


とりあえず、在庫があるうちにどこか仕入れ先を探さねば、と思っているうちに、あれよあれよと、注文が入り、気付けば残り1個。そしてお盆真っ只中で私も身動きがとれず。。たらーっ(汗)


困ってしまってワンワンワワン犬
ダメもとで、既に廃業済みの米満軒に相談したら、わずかに残っている材料で、できる限りのお菓子を作ってもらえることになりました!ぴかぴか(新しい)


そして翌日届いたのがこちら。

最後の和菓子.jpg

100年以上の歴史ある米満軒の、本当に最後の最後のお菓子。


季節ごとの、品のいいデザインと色彩、上品な甘さ、食べ終わった後の余韻。。大好きでした。ハートたち(複数ハート)
これまで本当にありがとうございました!ぴかぴか(新しい)そして、おつかれさまでした。


次の仕入れ先が見つかるまで、もしかしたら、おうすと生菓子のセットは、しばらくお休みさせていただくかもしれません。申し訳ありません!



ここだけの話、、、
どうしても最後に味わいたくて、特別に作ってもらったお客様用の貴重な和菓子、こっそり1個だけ自分でいただいてしまいました。

たくさんの思い出とともに、ほんのり涙の味がする、心から美味しいお菓子でした。感謝。


朝顔.jpg






posted by nomura at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月01日

お盆期間中の営業について(We open every day from Aug 11 to 16.)

今年のお盆休み期間、8月11日(金・祝)〜16日(水)は休まず営業いたします。
なお、16日(水)は五山の送り火に合わせて延長営業し、ラストオーダーは20時40分となります。

嵐山の渡月橋からは鳥居形がよく見え、灯籠流しも行われます。また、少し離れた広沢池でも灯籠流しがあり、色とりどりの灯籠が揺らめいてとても幻想的ですよ。

◆送り火の点火時間など、詳細はこちら
>> https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/

皆さまのお越しを心よりお待ちしております!




2017年06月12日

夏メニュー始めました。

お待たせしました!本日より夏メニュー始めました。

きなこシロップたっぷりの名物「田舎氷」を始め、お茶席用の抹茶粉を贅沢に使用した濃厚抹茶シロップのふわふわかき氷、しゃりしゃりの氷ぜんざいから、黒本蕨を使用した涼風わらびもち、などなど、汗をしずめてくれる自家製のひんやり甘味をたくさんご用意してお待ちしております!

夏メニューはこちら >> http://www.arashiyama-nomura.com/seasons/index.html

※夏メニューは9月末頃までです。

氷旗.jpg